イエウール 一括査定 pw

イエウール 一括査定 pw

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウールはマンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却査定について

 

 

 

 

 

どんなに良い家でも築25年なり30年が経過すると、内覧希望者ですらなかなか来ないのが現実です。

 

 

目につきやすい部分をリフォームするなど、魅力的な物件に近づけることが大事です。

 

また立地にもよるのですが、住宅を取り壊して土地のみで売り出すと買い手がつきやすいでしょう。撤去費用がなければ、取り壊しはせず、いくらか割安な価格で売り出すと、購入者は新築なり改築なり好きなようにできるので助かるというのもあります。

 

 

夫婦ともに収入がある場合は節税効果が大きいため、ここ十数年ほどは不動産を共有名義で購入することが増えています。

 

とはいえ、名義を共同にする弊害もあります。

 

 

共有名義で登記されている家を売るときには、共有名義の割合にかかわらず全員の許諾を得なければ取引は成立しません。売却理由が離婚だったりすると、当事者である夫婦の間でしっかり話しあっておかなければ、不動産売却どころの話ではなく、深刻なトラブルを招きかねません。住宅を新たに建てるときや建売りを購入する際は、無垢や天然素材を使用した家の価値を知ることが大切です。

 

つらいシックハウス症候群の心配も無用で、古さを感じさせないデザインなので、最近は若い層に人気が高いのです。

 

住宅の売却という事態になったとき、そのような天然素材が毀損されずに美しいままでいれば、似たような立地条件の家より格段に高値で売れます。

 

 

 

本質的に上級なものの価値は、多少の年月では損なわれないのです。
インターネットが使えるなら住宅売却の見積りが一括で依頼できるサイトを利用すると、比較的簡単に、住宅が現在いくら位で売れるかの見積りをたくさんの業者から出してもらうことができます。
このようなサービスは加盟している不動産各社から資金を受け取る少額のファンド形式で運営をまかなっているので、個人が売却目的で利用する分には一切費用がかからないのです。

 

 

 

年中無休ですし、自宅で時間を見つけてストレスフリーな状況で仲介各社の査定額を吟味できるので、ぜひ活用したいものです。
金融機関による抵当権が設定されていない家を売却するなら気にしなくても良いのですが、住宅ローンの支払いをまだまだ残している家となると難しいです。
原則として抵当権つきの不動産の場合、所有者の意図に関わらず売ることができません。

 

ただ、特例として売却可能にする手段が任意売却です。債務者は専門の業者に依頼し、金融機関との間を仲介してもらって通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。

 

債務の支払いが困難な際、競売を避けるためにとれる一番有益な選択と言えるでしょう。
給与所得者には縁が薄いですが、確定申告というのは、過去一年の所得を報告し、納税額を申告するためのものです。源泉徴収により納税している給与所得者については、既に納めている税金との差を計算し、多ければ還付され、不足なら納税します。給与以外にいわゆる譲渡所得、土地や家の売却利益なども申告する必要があります。
長期(5年超)所有していた不動産の場合ですら、20%は税金として納めなければならないため、負担は覚悟しておきましょう。隣地との境を明らかにするために、あらかじめ土地境界確定測量を実施することは、土地つき一戸建てを売る際にはよくあります。法的に強制されたものではありませんが、土地価格が高騰している現在では、仮に塀程度の幅でも資産価値に大きく影響するため、しておくべきことはしておこうと考える人は多いようです。費用は一般的な住宅地であれば40万弱ですが、接道や土地面積による違いはあります。

 

 

 

通常は売主側が費用を負担しますが、購入する方としてはこれ以上心強いものはありません。

 

家を売却するにあたっては専門家の立ち会いのもとで売買契約を結ぶため、用意する書類もかなり多くなります。

 

不動産の登記済権利書、あるいは登記識別情報のほか、最新の固定資産税を確認するための納税通知書や評価証明書などはどのような物件を売却する際も不可欠です。
そのほかにも所有者全員の印鑑証明書が必要だったり境界確認書が必要だったりと、条件次第であれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、たとえ時間を作ってでも早めに用意しておくと、取引終了までの時間は少なくて済みます。マンションまたは一戸建ての売却時は、買い主に建物を引き渡すまでのクリーニングは、契約書に記載があれば別ですが、強制ではありません。ピカピカにしなくても、ふだん掃除するのと同じように綺麗にしておけば問題ないものの、時にはクリーニングしておいてほしいと購入者から依頼されることもあります。

 

 

そういう時は仲介業者に相談し、プロに依頼するかどうか、どの程度までやるか等を検討するのですが、掃除で揉めることは殆どありません。

 

 

マンションや戸建を売る際に必要な経費といえば、不動産会社に対する仲介手数料、司法書士に払う抵当権抹消費用、そのほかに印紙代が実費としてかかります。
土地や家屋の売却代金は大きいですから、仲介業者に支払う手数料もばかになりません。不動産会社を介さず自分で家を売却することで、大幅なコストダウンができると思うかもしれませんが、高額な取引ですから危うき橋は渡らずで、ここはやはり専門家に頼るべきでしょう。建築済みの新築や中古の一戸建て、マンションの専有部分をじっくり見学できるように開放しているのをオープンハウスといいます。
通風や採光など住んでみて初めてわかる部分も確認できますから、住宅売却を決めたらオープンハウスを開催し、購入意欲のある人に家の中を見てもらってはいかがでしょうか。
現在居住中の住宅の場合は、オープンハウスの日程にあわせて外出とか外泊することも考えられますが、売り手が生活感が出ている家を気恥ずかしく思うのとは裏腹に、購入希望者としては自分たちが住んだ時のイメージが湧きやすいという利点があります。建物の築年数が古い場合は、建物を解体して土地として売るべきかと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。とはいえ、絶対にそれが正攻法であるとは言えないと思います。

 

 

 

古い家に対する考え方は近年変化しつつあり、元の住宅を土台にして自ら設計、施工を行いつつ住んでいきたいという家族や買取した中古をリノベして販売するという不動産会社は近年とくに増えていて、手の届く中古というのは意外にも魅力があるのです。住宅を売却する際、権利証を紛失もしくは滅失している場合は家は売れないと言われますが、本当でしょうか。

 

 

たしかに、権利書がない状態では長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに発行元ですらそれらの書類を再発行することはできないのです。そんな八方塞がりの状況を打破する手段は、あるといえばあります。

 

代表的な方法として司法書士による本人確認があり、所有者の本人確認情報を作成し、登記名義人である旨を証明してもらうことで売れるようになります。きちんとした書類を作成するには日にちもかかり、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。土地や家屋は価格が高いですし、売却する場合でも売価の設定に悩む人は少なくありません。市場の相場より高ければ売りにくいでしょうし、低く設定してもワケありだと勘違いされることもありますから、相場を見据えた値付けが大事です。不動産取引では価格交渉もしばしばありますし、仲介会社への手数料の支払いなども考慮して売価を決めなければ、売主に入るお金は想像以上に減ってしまうでしょう。普通、不動産屋による売却の査定は、査定だけでしたら基本的に無料です。

 

 

 

あとになって事情が変わったり金額的に不満が残るときはお断りすることもできます。
土地家屋を売却する際、最大の関心事はやはり物件の価格ですし、幾つかの不動産会社に対して一括見積もりしてもらうと相場がわかり、安売りせずに済みます。
その際も査定費用はかからないので安心です。こんなはずではと後悔しないですむよう、家を売る時の第一歩として不動産会社の選択は重要です。専門家といっても得意不得意はありますから、結局2割ほども安く売ってしまったなんてこともあるのです。

 

 

 

パソコンを使えば、ネットに複数の会社から一度に見積りをとれる一括査定サイトが幾つかありますので、そこで複数の業者を選んで見積りを依頼して、もっとも頼りになりそうな仲介業者を選んで契約すると良いでしょう。最近、自宅を売る理由としてよく耳にするのが、都市部で駅に近いマンションに住み替えたいというものです。

 

 

 

都会は日用品の買物にも不自由しませんし、幾つもの病院が選べるなど医療面での充実も安心な暮らしに直結するからかもしれません。最初は広さやゆとりで郊外を選んだ人でも、病院ですらも車を使わなければいけませんし、将来を考えて不安に感じる人もいておかしくないのです。家の買い手は自分で見つけてくれば格安で済むという意見もありますが、危険な考えだと思います。取引では権利や責任を明確にする必要がありますし、法律、税務、登記などの特別な知識を独学で身に付けるのは困難ですし、付け焼刃で大きな資産を動かして訴訟にでもなったら大変です。
手数料の負担は痛手かもしれませんが、ストレスのない取引をするためには不動産業者、司法書士といった専門家に委ねるべきです。ただ、本当に自分でやりたいと思うのなら、業者等に依存せず自力で売るという選択肢もあります。

 

 

住宅売却の手順といえば、準備に4段階、売り出してから4段階の手順があります。
まずは相場をベースに家の販売価格の見当をつけます。
意思が固まったら、信頼できそうな不動産会社を見つけます。住宅の査定はプロに任せ、売り手は査定額の妥当性を評価しましょう。
金額も妥当で問題がないようでしたら、媒介契約を交わします。
媒介契約が済んだ不動産は売り物として販促活動が始められます。

 

購入希望者が来れば内覧や価格交渉などが行われます。
折り合いがついたところで売買契約となり、最後は代金の支払いと物件の引渡しで終わります。個人が家を売るための流れですが、仲介する不動産会社を選び、家の評価額を査定してもらい、売出価格を決め、媒介契約の種類を選んで契約、販売開始、内覧予約が来て、購入を希望する人と詳細を詰めて、最後に売買契約書を交わし、物件の引渡しと代金の支払いを経て、すべての取引が終わります。

 

 

気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、いつ買手がつくかで全く違います。
また、住んでいる状態で売り出すなら、転居の都合もあるでしょう。

 

媒介契約の最長は3ヶ月ですので、一度契約をしなおしたとして、6ヶ月以内が勝負でしょう。抵当権が設定されている不動産の売却は出来るものなのかというと、特に禁止された行為ではありませんから売買はできますし、所有権移転登記もできるはずです。しかし債務を返済すべき人が残債を完済することができないと、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、他人の物になってしまいます。

 

 

 

単純に言うと、抵当に入った家というのはトラブルの元になりますので、売ろうにも売れないというのが現実です。
住宅ローンの残債がある状態で家を売る際は、当然ながら住宅ローンを全額返済してから売却という手続きをとります。
ただし残りの債務が払えないで家を処分しなければならないときは、すでにご存知の方もいるかもしれませんが、任意売却という手があります。

 

 

 

住宅の売却益を得たらローンの残債を最優先で返すという条件で、借入した金融機関から完済前の売買を許可してもらうのです。住宅の売却益を返済に充当しても完済しきれない場合は、差額は債務(借金)として返していきます。これまで暮らしてきた家を売るにはそれなりの事情があるでしょうが、いずれにせよ決断は大変だったはずです。

 

 

ただ、その判断を良い結果に結びつけるかどうかは、決断後の心のありようで決まります。
引越し先を決めたり、家財を整理することからはじまり、処分すべきものと持っていくものを決めていきます。

 

 

 

身の回りの物を整理整頓すると、雑多さが薄れ、すがすがしい気持ちになります。自宅売却の効能は心地良い空間の再構築とも言えるでしょう。

 

 

 

契約後に悔やまないためにも、建物や土地などの不動産を売る際には気をつけておかないことが幾つかあります。そのひとつが、似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、複数の不動産業者から見積りをとるのです。

 

相場に不案内だと、査定額が妥当なのか、なぜその価格になるのかの基準がないからです。

 

 

 

相場を知っていたからといって業者に敬遠されることはないですし、市場価格について調べることで、最良の結果を出しましょう。納得いく価格で家を売りたいと思うなら、価格や業者の様子がわかるよう、複数の業者に見積りに来てもらうのがコツです。

 

 

選択した不動産各社にたった一回の入力で一括で見積りを依頼できる中古不動産売却の一括見積りサイトがネット上には複数ありますから、時間がなくても心配無用です。
無料で査定できて、それらのサイトから各社に見積り依頼を出したからといって、納得いくまではどこの不動産会社とも契約する必要はないので、利用しない手はありません。

 

 

 

常識だと言われそうですが、現在住んでいる住宅を売るときに気をつけておきたいことは、突然これから内覧したいという人が現れても慌てないために、普段から整理整頓を心がけて過ごすことでしょう。
家の現状を見たいと思って来る人たちは、すでに家に対して興味を持っている人ですが、もし不潔な印象を持ったら最後、落胆も大きいはずです。

 

ですので今まで以上に頻繁かつ丁寧に家のお掃除はしておいて損はありません。実家が不動産屋などの特殊なケースは除き、一般的には住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、売手が販売価格を決めたのちに媒介契約を交わします。

 

査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、価格もありますが、物件の状況や市況でも変わってきます。

 

 

といっても法律上の決まりにより、不動産売却のための媒介契約というのは3ヶ月たつと効力がなくなりますから、再契約はできるものの、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。不動産などの資産を売って得た所得のことを、譲渡所得と呼びます。

 

マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。
所得ですから当然、所得税と住民税の対象ですが、給与、山林、配当などその他の所得とは分けて、譲渡所得のみで計算します。

 

譲渡所得の税額は高めですが、所有期間が5年超だと長期譲渡所得として税率が下がります。

 

 

 

家を売る予定であれば、こうした税の軽減制度があることを理解して売る時期を決めるというのもありでしょう。
掃除や書類を用意するなど細かな作業は苦にならなくても、不動産業者に仲介手数料として売主が支払うべき金額は、家を売却する際にけっこうな負担となります。法律で仲介手数料の上限は規定されていますが、売却価額次第では100万円近い額を支払わなくてはいけません。

 

そのほか、家を売ったことにより収入があれば、譲渡所得扱いで所得税及び住民税がかかることがあります。家財の処分費や転居費用もばかになりませんし、支出の計算はしっかりしておきましょう。
家の売却相場はネットでも簡単に調べることが可能ですから、売却時の参考にしてください。
なかでも、土地総合情報システムは国土交通省の運営するウェブサイトで、地価公示価格だけでなく、過去に行われた不動産取引の実績から面積や所在地、売買価額といった詳細な情報を検索できます。

 

 

そこで閲覧できない最新の売り出し状況等は一般の不動産サイトを見れば詳細情報が載っていますし、価格や年数などを比較すれば市場価格を算出できます。住宅を売却する際、売主側が基本的なコツを抑えておくと査定額が上がることがあります。
特に効果的なのは点検と補修でしょう。
それほど古くない家でも人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。丁寧にチェックし、修繕箇所を見つけて直しておきましょう。

 

また、清掃も修復の次にしておきたいことです。

 

時期はずれの大掃除だと思い、掃除頻度の低いところも狙い撃ちで掃除しましょう。
たまっていた不用品を処分すると室内も広々します。たかだか小手先の作業と思われるかもしれませんが、これらの作業が住宅を上手に売却するポイントです。売り慣れているならいざ知らず、どのように住宅を売却するのか判らない方もいて当然と言えるでしょう。不動産売買のファーストステップとして、最初は住宅等を一括査定するサイトを使い、複数の不動産会社に家の価値を見積りしてもらいます。
その中で査定の額もさることながら信頼できる仲介会社を見つけて売却のための媒介契約を結びます。
そのうち現れる購入希望者と金額の話し合いなどを経て、支払いと登記変更を済ませれば売却終了です。

 

家を売る場合に不動産業者を頼むかどうかは任意ですので、個人間で売買することも可能といえば可能ですが、なんらノウハウも持たずに売買するとあとになってトラブルが生じる危険性もあります。

 

高額な不動産を取引する際は非常に細かい契約内容を作成する必要があるため、わずかな不備があっただけでも訴訟や金銭トラブルにならないとも限りません。きちんとした知識のあるプロに任せるのはすなわち安心を買うことにほかなりません。購入者が決まり売買契約を交わすと最終的に所有権移転手続きをしますが、物件の住所と売手の現住所が転居などの事情により異なる場合は、住民票の写しと印鑑証明書の二点が1通ずつ必要です。準備は早めにしておいた方が良いのですが、住民票も印鑑証明も期限が定められているため、必要なときに失効していたらたいへんです。

 

発行から3ヶ月を過ぎた書類は、内容に変更がなくても無効です。

 

 

不動産の売却で得た収入に所得税がかかるかというと、それは利益がどのくらいあったかで変わります。
購入時の価額より高い値で売れた際は所得税の課税対象となり、反対に購入時より安値になってしまったら所得税はかからず、住民税もかかりません。仮に大きな差益が出たとしても、譲渡所得が3千万円以下の場合、会社での年末調整の有無にかかわらず、確定申告さえしておけば、所得税を納めなくても済むのです。住民税にも関わるので覚えておいてください。

 

 

 

家を処分する際、個人対個人で売買を行うのは困難ですから、専門家である不動産屋に仲介を依頼するのが普通です。安く売却して損をしないためには、ここでひとつの不動産業者に絞らず、多数の業者に物件の見積り依頼をして、各社の査定額と対応を窺ってみることです。大手、中小を問わず複数の不動産業者に一括査定依頼できるサイトがありますし、査定額だけでなく提案力なども比較でき、自分にとって「良い業者」を見つけることができるでしょう。居住したまま売るか転居後に売るかは別として、家を売る際は、整理整頓はしておく必要があります。掃除も満足にしていなかったり、他人から見て不用品が多いなと感じられる状態では見に来た人は良い印象を持ちませんし、住宅の価値も下がるのではないでしょうか。

 

廃品回収やリサイクル業者などを利用し、不用品を処理することから始めましょう。

 

範囲が広かったり物量的につらいときは、費用はかかりますが住まいの片付けを専門にしている業者などを頼むと、期間内に確実にキレイにしてくれます。

 

 

 

満足できる取引ができるよう、住宅を売却する際は最近ネットで増えてきた売却一括査定サービスを上手に利用しましょう。

 

 

「一括査定」で検索すると同様のサイトが複数出てきますが、いずれも入力は1回きりで、不動産会社各社に見積りを依頼できます。時間がないからつい後回しになどということにもならず、時間を有効に使えます。一括見積りのウェブサイトを有効利用して、よく比較した上で、営業力の高い仲介業者を探すようにしましょう。
住宅売却を考えているのでしたら、まず同種の物件相場を知るべきです。仮に購入時の価格が高かったとしても、不動産相場というものは常に変わると思って良いでしょう。バブル期なら値上がりあるのみでしたが、中古市場はすでに供給過剰ぎみですから、相場より高い物件を買う人はまずいません。いまはいくら位の相場なのかをよく調べて、現実に則した価格を設定すべきです。肝心の相場ですが、一括査定サイトで複数の不動産屋に提示してもらえば簡単にわかります。住宅を売却する場合、まず不動産業者に該当物件の現状査定を依頼するものですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。

 

不動産の所在地、形状、日照などの諸条件も要素の一つですが、築年数が10年、20年ともなれば建物の値段はどんどん落ちていくのが普通です。新築時は土地と建物の双方に価値があるのが一戸建てですが、固定資産税でも建物に償却年が設定されているように、建物が古いほど資産価値はなくなり、ほとんど土地の値段だけというありさまにもなるのです。誰もが負担しなければならない消費税は、家を買うときにも例外ではありませんが、土地には課税されませんから、戸建なら建物だけに消費税を払えば良いのです。それと、自宅売却のように売り手が個人の場合は土地だけでなく建物も非課税扱いになります。

 

しかし例外もあり、個人でも店舗や事務所、アパートやマンションのような収益物件なら、土地以外は消費税の課税対象となりますから、購入者の負担は大きくなります。
初歩的なことですけれども、その住宅の所有名義人の了解がないと、家や土地などの不動産を売ることは不可能です。
所有者として複数の名前が記載されている際は、共有者全員の許諾が必要になります。

 

 

すでに亡くなった人が所有していた不動産については、許諾が得られないことになりますから、その状態では売ることができないです。

 

 

 

相続による登記変更の手続きを行い、変更後にあらためて売却します。
新築の一戸建てやマンションについていうと、完工から2、3年目あたりを始まりに10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。そして築11年、12年、13年となると、今度は価格はあまり変わらなくなります。また、軽減税率や居宅の買換え特例を適用する条件は、過去10年を超えて保有していた場合とありますから、買い替え、売却等を予定しているのであれば、取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であると言って良いでしょう。

 

太陽光発電システムを導入している家を売却する場合、太陽電池モジュールをどうするか気になりますよね。売買契約書の設備欄や備考に特に記載がなければ、そっくり引越ししても構いません。
しかし専門業者を手配する必要がありますし、移転再設置にはお金もかかるわけで、置いていく人のほうが多いようです。

 

 

設置で助成金を受けている場合は、手放す際も面倒な手続きを踏まなければいけませんが、引っ越した先に設置に適したスペースがない場合もありますし、心残りでも置いていかざるを得ません。

 

 

 

更地ではなく家を売る時には通常、売却して買主に物件を引き渡すまで、少なくても半年程度はみておかなければいけません。諸事情により素早く現金化したい場合は、買手の出現を待つのではなく、不動産会社に買い取ってもらうという選択肢もあります。

 

 

市場に流通している価格に較べるとずっと安値になり、オトクとは言えませんので、よく考えて判断しなければいけません。

 

しかし確実かつ速やかに住宅を売ることができるという点ではこの方法以上に手堅いものはないでしょう。

 

なるべく高く家を売りたいなら、金銭面での交渉は不可避でしょう。

 

購入者にしてみれば少しでも安いほうが嬉しいのですから、金額に関わる駆け引きなしで不動産売買が成立することは極めて珍しいです。なかなか交渉に応じないで買い手が諦めてしまっては、あとあと後悔するかもしれません。交渉の潮時を間違えないためにも、不動産情報をよく見て相場観を養うことはとても大事です。珍しいことですが、家を売るときに早々に購入希望者が現れ、予定よりだいぶ早く退去する必要に迫られることもあります。慌てずに済むよう、売却を考えている際は荷物の整理に努めることです。住みながら売却する場合は、いま使うものだけを残し、使わない品は整理して、箱詰めしたり、資源回収に出したりすると、荷物も減らせるので転居先でもすっきり生活できます。
家を売るとなれば早々に買い手が見つかればありがたいのですが、長期戦になることもないではありません。

 

 

 

しばしば言われることですが、もし3ヶ月経っても売却に至らない場合は、値段を改定するか、仲介する不動産会社を変えるといった手段も考えられます。法律で仲介業者と売主の媒介契約は3ヶ月以内とするよう規定があるため、更新する人もいれば、しない人もいます。

 

家を処分する際は、たとえ売却でも予想外に費用がかかるものです。

 

不動産業者に売却を依頼すると、もれなく仲介手数料が必要になります。手数料は法律で決まっていますが、売却額が1800万円でしたら65万円を売主から業者に支払わなくてはいけません。

 

それと司法書士へ支払う登記費用等一式、契約書や領収証に貼る印紙代、その他書類作成費など状況次第で費用がかさみます。
ですから売値はこれらの経費を考えて決めるべきです。

 

アパート、家屋、事務所などの建物から土地といった不動産に課される税金が固定資産税並びに都市計画税です。不動産を所有している人すべてが毎年支払う義務があります。

 

納税義務者は「賦課期日に資産を所有する者」とされており、この日にちが1月1日のため、例えばその日よりも前に売買契約をしたとしても所有権移転手続きが済んでいない場合は、元の所有者(売り主)が納税しなくてはなりません。

 

 

 

買手に納税義務が生じるのは旧所有者から新所有者に所有権を移転登記した明くる年ということです。